やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2014年10月05日

俺様とマリア volume.94 チーム神龍


俺様とマリア volume.94 チーム神龍 


 再び舞台は、物悲しさと虚脱感の漂う、さながら祭りの後のようなリング上に戻る。

 神龍はB・Bたち3人に向き直ると、それぞれの眼を1人ずつ射るように見詰めてから、一語一語を区切るようにして、こう言った。

「渋谷チャンプ。
さっきの試合では表舞台を目指せだなんて、
散々偉そうな講釈をたれておきながら、
行きがかり上とは言え、何の縁(ゆかり)もないあんたを
俺たち野良犬同士のくだらねえ縄張り争いに巻き込んじまった。
すまねえ、この通りだ、B・B」

 巷では傲慢、非情を絵に描いたようだと言われている神龍に、思いもかけず頭を下げられたB・Bは、その洗練された出で立ちとは裏腹に、まるで体育会系の中学生が初めて告白を受けたかのように、ドギマギと顔を紅潮させて照れ臭そうに応えた。

「な、なあに、あれは俺が勝手に立候補したまでさ。
それに縁がないわけじゃねえ。
あのオバサンとは、いずれ白黒つけるところだったんだ。
言わば、利害が一致したってことさ。
まあ、表舞台に行く前の卒業試験にさせてもらうよ。
気にしなくていいぜ、神龍の旦那」

 神龍は「ありがとう」とでも言うように眼を伏せた。腹から話せたんだろう、硬さの取れたB・Bがその大きな右手を差し出すと、神龍の品のいい白い細い手が何の躊躇も無くそれに応じた。
 長い握手の後、神龍は次に花ちゃんと正対する。

「伝説の喧嘩師ステゴロの花。
噂にゃ聞いてはいたが、まさか今日、ここで実物と会えるとは思ってもいなかった。
今回はリンダが暴走しちまって、とんだ迷惑をかけちまった。
その詫びもすまないうちに、今度はこの騒ぎときたもんだ。
つくづく虫のいい野郎だと笑ってくれ。
ただ、奴らシールドの戦力に対抗できる男は、新宿には何人もいない。
その1人がステゴロの花、あんたなんだ。
不義理を承知でもう1度頼む。
新宿の街の為に一肌脱いじゃもらえねえか?」

 花ちゃんは相変わらず花ちゃんだった。相手がたとえ誰であろうと、いつもと変わらぬ屈託の無い笑顔で応える。花ちゃんはその名の通り、太陽に向かって咲く向日葵そのものだ。

「良いってことよ、さっきも言ったろう?
男と女の話は、色々と奥が深いんだよ。
オイラ、何にも気にしちゃいねえから、安心しろよ。
それに、カトさんから譲り受けた屋台とあの店はオイラの宝なんだ。
新宿1丁目をあのディーンの野郎から守るためなら、
いいよ、いくらだって手を貸すぜ」

 今度は神龍が差し出す右手に、花ちゃんが丸太のような腕でがっちりと握手をした。神龍の顔にやっと笑顔が戻った。
 さて次は、元ゴクのアンちゃんの番だ。ふてぶてしく腕組みをした大男を見上げて、神龍は1つ深呼吸をしてから声を掛けた。

「この新宿最凶トーナメントの16選手の人選をするに当たって、
正直俺はあんたを入れるべきかどうか、最後まで悩んだんだ。
それはもちろん超合金ニューZからの攻撃力、防御力が、
人類のそれを遥かに凌駕しているという報告を受けていたからだ。
しかし、それでも俺はもう1つその報告書を信じ切れずにいた。
大袈裟な報告だと高を括っていたと言った方がいいかもしれない。
ところがどうだ、今日、実際にあんたの試合を見て、
俺は久しぶりに背筋が凍りつくような戦慄を覚えた。
確かに人間凶器、リアル改造人間の異名は伊達じゃない。
報告以上のとんでもないモノを見せてもらったよ。
あんたもシールドに対抗し得る選ばれし戦士の1人だ。
俺からも改めてお願いしたい、元獄真会館の姉小路公望」

 は? おいおい、ちょっと待ってくれ。
今、一瞬俺様は我が耳を疑っちまったが、神龍は元ゴクに向かってなんて言った?

「あねのこうじぃ?」

「きんもち、マジかよ?」

 思わず口を衝いて出ちまったんだろう。花ちゃんとB・Bが眼を剥いて元ゴクの姉小路公望を凝視している。やっぱり俺様の聞き間違いじゃなかったんだ。それにしても、あの角刈りの先天性武闘派が、そんな華族様みたいな名前だったとは・・・。ギャップがあるにしても限度があるぜ。これは誰だって驚きを通り越して笑っちまう。見ればB・Bが真っ赤な顔をして、必死になって笑いを堪えている
 一方元ゴクは、そこには触れて欲しくなかったんだろう、青筋をピキピキさせて憮然と腕組みをしたままだ。そう言えば初めて会った時からこいつ、自己紹介って「元獄真会館」ってしか言ってなかったもんな。よっぽどこの名前に嫌な思い出があるに違いない。神龍も下手を打っちまったって表情で、二の句を継げずにいる。
 かなりヤバい緊張感が俺様たちの間に漂い、早くもチームに亀裂が入るようなキナ臭い空気が流れ始めたんだが、それを救ったのは、やっぱり花ちゃんの底抜けな明るさだった。

「か、かっけーなぁ、あねのこうじ、きんもちかあ。
まるで天皇陛下の親戚みたいな名前だな。
すげえなあ、姉小路。
オイラなんか、花田一平太だもんな。
どう聞いたって、生まれも育ちも違うって感じだよな。
それに、何たって強そうじゃねえか」

 それを聞いたB・Bと神龍、当の元ゴクまでもが、吹き出して大声で笑い出す。もちろん俺様も腹筋がよじれるほど笑わせてもらった。
 一頻り笑った後、神龍と元ゴク、いや、元ゴク改めアネキンががっちりと握手をして、さあ、いよいよチーム神龍のスタートだ。

【To be continued.】





☆ランキングに挑戦☆
アルファポリスさんの「Webコンテンツ」、にほんブログ村さん、人気ブログランキングさんに挑戦中。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 こころ王国 まりなさんと王様

 児童小説 ケンと シロと そしてチビ

 現代小説 お取り寄せ救世主

 児童小説 ツノナシオニ

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ にほんブログ村さんへ

 人気ブログランキングさんへ


posted by maruzoh at 18:33| Comment(0) | ◆俺様とマリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日