やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2014年01月13日

【エッセイ】他人ごとではない!


【エッセイ】他人ごとではない!


 しばらく空き家になっていたお隣に人の気配がする。耳を澄ますとトントンと金槌を使っている様子。翌日、近所に住むOさんが
「隣へ引っ越してきますけどよろしくね」
 と、おどけて挨拶にきた。
彼女の家は五、六年前に古い家を取り壊してモダンな家を建てたばかり。近所付き合いの下手な私が唯一気を許して離す十歳年上の友人でもある。
「どういうことなの?」
 実家のお母さんが倒れて入院したことは聞いていたが、いざ退院という時、今までずっと同居していた長男のお嫁さんが神経症というのか食べ物を受け付けなくなってしまった。
「仮病じゃないでしょうね」
 親しさのあまり私は口を滑らせた。
「それがほんとに入院してしまったの」
 溜息とともに話すOさんの話を聞くと私も両肩に何か背負わされたような気がした。
 Oさんのお母さんは三十代半ばで夫に先立たれ百姓をやりながら農閑期には土方までして四人の子どもを育てた。お母さんは気丈にならなければ生き抜いてこられなかったという。弟の嫁はただ自分を抑えることによっていままで表面だけでも平穏を保ってきた。お母さんは自分にも厳しいが他人にも厳しい。嫁姑の冷たい戦争を見て育った三人の娘は、三人とも早々に嫁いでしまった。姑が入院していた二ヶ月の間に弟の嫁さんの胸の中に何が起きたのか、退院する姑を迎える寸前になって、口とは裏腹に身体が拒否反応を示してしまっても彼女だけを責めることは出来ない。
 長女のOさんは自分の家の近くに小さな借家が空いていたのを幸い、そこにお母さんを退院させて自分が看ることを宣言した。バタバタとカーテンを吊ったり、ベッドを買い入れたり即座に行動を起こしたのは血の濃さであり、弟の嫁さんへの意地であり、世間体だったのだろう。
 お母さんが着いた時、私はりんごを持って伺うとにこりともしないで頭を少し下げた。お母さんはOさんと驚くほど似ていた。何といってここに連れてこられたのか緊張と不安と怒りがこんがらがっていたのだろう。
 一週間ほど見舞客やら身内の出入りがあったが、その後パタリと途絶えた。ある日「奥さん 手を貸してもらえる?」とOさんの声。行ってみるとOさんと妹さんは車椅子が上がり框に引っかかって立ち往生していた。女三人でやっと引っ張りあげた。隣町に住む妹さんが久しぶりに来て
「家の中にばかりおいちゃ可哀想じゃん」と外に連れ出したが、後が大変だったという。Oさんは
「たまに来る人はその時だけいい顔をして、帰りゃ終わるけど後にどっさり仕事が残るし、この前は熱まで出されたりして」  
 と後で言った。
 二ヶ月ぐらいするとOさんの口数がめっきり少なくなった。八十六歳の人の長女はもう六十五歳なのだ。余り疲れるとお母さんとも口を利きたくないという。Oさんは長男一家と暮らしているから三人の孫の子守にも当てにされる。時には一番下の子をおんぶして洗濯を干していることもある。

《終》


※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 16:27| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日