やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2013年09月29日

俺様とマリア volume.86 シールド・オブ・ジャスティス


俺様とマリア volume.86 シールド・オブ・ジャスティス 


 今でこそ新宿の街は俺様にとってのパラダイス、安住の地みたいになってはいるけれど、実は俺様がこの街に来たのは、そんなに遠い昔の話じゃない。以前にも話した通り、俺様のヤサと言えばもともとは池袋。北口の劇場通りを挟んでロサ会館のトイメンの、そう、群銀脇の怪しげな通りの奥の辺り。今でこそだいぶ落ち着いちゃあいるが、以前はブクロの中でも滅法治安の悪かった地域のひとつで、あの界隈やロマンス通り、平和通り辺りと来たら、揉め事や事件の無い日なんて1日としてなかった。
 当時も俺様はリンダ言うところの「根無し草のバンドマン」だったから、二日酔いや喧嘩の怪我、突如パクられたり失踪しちまったメンバーの臨時の代役をしては日々の糧にしていたんだけれど、そんな馬鹿みたいな商売が成り立つんだから、あの頃の池袋一帯ってのは、確かにヤバイ雰囲気が満ち溢れていた気がする。
 比較する訳じゃないけど、その雰囲気ってのが新宿とはまた一味違うヤバさでさ、どう言ったらいいのかなぁ、そう、見かけもギラギラしてて色んな人間が集まる無国籍っぽいノリの奔放な新宿に比べて、当時の池袋はやっぱり日本の、東京の下町の雰囲気を醸しだしていて、ある意味秩序のあるヤバさなんだよ。
 ルール無用の新宿だとか池袋でも派手な東口のサンシャイン辺りなら、神龍みたいな成り上がりが一気呵成に頂点まで登り詰めるなんていうシンデレラストーリーもあるのかもしれない。だけど、こと池袋西口に関して言えば、根っからの下町気質、地元意識が強くって、まずそれはあり得ない。裏社会にもカッチリと昔っからの線引きが出来上がっていて、揉め事は絶妙のパワーバランスで上手い具合に収まっている。いや、正確に言えば収まっていたというべきかも知れない。今俺様の目の前にいるディーン安武率いる池袋西口自警団、IWGPがあの街に現れるまでは・・・。

「E坊、やっと思い出したかい?
その商店街の用心棒野郎に唯一感謝できんのは、
オイラとE坊が仲良くなる切欠を作ってくれたってことだけだ。
ここはブクロでの借りも有ることだし、一発派手に・・・」

 そこまで景気の良かった花ちゃんの啖呵が止まっちまったのは、不覚にも俺様が疲労とダメージによって片膝をついちまったからだった。あれしきの闘いで情けねえったらありゃしない。

「イ、E坊・・・」

 駆け寄ったマリアと俺様を見下ろして、花ちゃんの登場にビビりまくってたはずのリンダが、また息を吹き返してキャンキャンと吠え始めた。

「キャハハ、ざまぁ無いね、Eノイズ。
疲れ切ったアンタと病み上がりの花の二人三脚、
どう転んだところで、このシールド3人には勝ち目はなさそうだね」

 俺様はマリアに背後に隠すようにしながらゆっくり立ち上がると、うざいリンダを丸っきり無視してディーン安武を睨みつけた。

「おい、てめえ、さんざっぱら池袋引っ掻き回しといて、
池袋のタヌキ親父連中から甘い汁吸い尽くしたら、
今度は新宿の女狐がお相手か?
てめえ何しに新宿に乗り込んできやがった。
なんか言ってみろよ、銭ゲバのディーン安武さんよ」

 ディーン安武がリンダに目配せをしてから静かに応えた。

「相変わらずだな、Eノイズ。
やはり貴様は全く分かっちゃいない、何もかもな。
私が銭ゲバだって?それこそ勘違いも甚だしいというものだ。
これまで私たちは、常に正義の為に行動をしてきた。
住民の為、地元商店街の為、訪れる観光客の為にな。
そしてそれは、これからも決して変わることはない。
池袋は東西とも我々IWGPが制圧し、既に正義の管理下にある。
池袋は非常に治安の良い、統制の取れた素晴らしい街に変貌したよ。
そして今、我々はその正義の執行を池袋にとどめず、
東京中、日本中、そして世界中に広げる。
私たちはシールド・オブ・ジャスティス、正義の盾だ」

【To be continued.】




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 俺様とマリア

posted by maruzoh at 07:50| Comment(0) | ◆俺様とマリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日