やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2013年09月27日

【エッセイ】Oさんはヨガの先生


【エッセイ】Oさんはヨガの先生 


 坂道の途中で、急に足が痛くなって立ち止まった。右足の親指の付け根がずーんと痛む。
 以前にもこんなことがあった。最近テレビでも取り上げている外反母指ではないだろうか。一度病院へ行ってみた方がいいのかもしれない。足取りばかりか気が重くなると、手にもつ荷物はさらに重くなった。
 家について座ると治ってしまうので、明日こそと思っているうちに日は過ぎた。そんな時、「公会堂でヨガ教室やってるっていうから行ってみない?」と、近所の奥さんに誘われた。
 長年ここに住んでいながら社交性のない私はあまり近所付き合いがない。誘われた勢いで行ってみると、顔だけは知っているが……という初老の太り気味の婦人が十人ばかり。気の重い私が驚いたのは、先生がOさんである。Oさんとは十年にもなる長い知り合いだからである。若い頃、労働運動の闘士だったOさんがヨガもやっていたとは――。「今までヨガの話なんか聞いたことないよ」「そう?一度くらい言ったことあると思うけど。もう十年になるの、二年前に師範の免許もらって――」。私はOさんの奥ゆかしい一面を知った。そして急に元気づいてしまった。
 Oさんは小さい頃お父さんを亡くし、紡績会社の女工員として、三人の弟妹を育てるお母さんを助けた。全国版の新聞記事になった紡績工場の人権争議の時には鉢巻もりりしい組合の闘士であり、その後も夫とともに労働運動に関わりながら三人の男の子を育てあげた。三人は芝居をする人、学校の先生、設計士と自分の好きな道を選ばせ、イデオロギー対立の時代の中にあっても、思想的になんら束縛しなかったのに私は大いに共鳴し、感動していた。それからOさんと気の許す知り合いとなった。
 これまで公会堂というのは、輪番制で回ってくる自治会の班長会議や婦人会の掃除当番の時ぐらいしか来たことがない。私にとっていつも他人のそらぞらしい顔で迎えられていた。それがいつの間にか自分の家のような気安さで出入りしている。
 ヨガは足ほぐしという足の指の柔軟体操から始まる。そして足の指のじゃんけんなどしながら身体をほぐしてだんだんハードになる。 太って堅くなった身体を、なだめなだめ動かして一時間みっちりやる。終わると体重が五キロぐらい軽くなったような気がする。驚いたことに親指の痛みは嘘のように消えた。
 ヨガ教室は週一回だが、足ほぐしだけは、夜テレビを見ながら毎日続けている。これを知っただけでも、ヨガに出合った甲斐があった。
ハードのポーズのあと、やすらぎのポーズというのがある。両手両足を伸ばし、ゆったりと仰向けになって、腹式呼吸をしていると身も心もほぐれていくのを感ずる。見上げると古ぼけた歴代区長さんの写真が生真面目に並んでいる。視点を変えると意外なものも見えてくるものだ。自分でイメージトレーニングを重ねて、青い空・白い雲・続く菜の花畑を連想すると、私は春風のように、軽やかに飛び回っているのである。
 だんだん慣れてくると常連は六十歳前後の太り気味の十人ほどに落ち着いた。その中に七十五歳のKさんがいて、いつも話題の提供者である。どこの嫁が不倫しているらしい、どこのダンナが肝臓で入院した、どこの猫が子を産んで貰い手を探していると話題に事欠かない。「何か物足らないと思ったらKさんがいないねぇ」と顔役の奥さんが眺め回す。「今日はデートじゃない?」。四十二歳から後家の頑張りで二人の子供を育てたIさん。「へぇーっ、あの人が?」という私に「三年も寝たきりのご主人をよく看て送ったんだから、それぐらいいいんじゃない」とOさんは意外に寛大だ。元気の素は茶飲み友だちかも――。
 Oさんには私からみるとまったく腑に落ちない友人がいた。年齢はOさんより一歳上の七十三歳。外交的で活発。着るものも年に似合わぬ派手好み、この二人の接点が分からない。
「すべて真反対なのも気に合う条件?」。私はいつか聞いてみたことがあった。「よく言われる」とOさんは笑っていた。ヨガ教室で知り合ったそうだ。
ヨガは身体も心も柔軟にするらしい。

《終》


※本サイトの作品は、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

posted by maruzoh at 08:28| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日