やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2013年07月27日

【エッセイ】母と娘


【エッセイ】母と娘 


 白く泡だつ航跡にかもめが群がって、ついてくる。このかもめたち、どうやらスクリューでかき回されて驚いて海面に出てくる小魚がお目当てらしい。
 私たち夫婦は、二泊三日の佐渡ツアーに参加していた。個人の旅や、フルムーンも何回か経験したが、安くておまかせの旅もなかなかいいものだ。県内の営業所からの寄せ集めというのも、気を使わなくて助かる。
 昨日は新潟泊り、日本海の幸は一味違う新鮮さだった。今日はいよいよ本命の佐渡である。目の前の「おけさ丸」という船は全長百三十五メートル、一万二千四百十九トンで、千五百二十人乗りとは驚いた。乗船もバスに乗ったままだった。中はまるでホテル。デッキに出ると、ビルの四階ぐらいから眺めた感じがする。
「サイフが無くなった話、聞きました?」
「バスの中で、こ耳にはさんだけど……」
「年寄リだし、中味がたくさん入っていたのかすごく落ち込んじゃって……。枕の下に確かに入れたって言い張ってるみたい。同室だった人は嫌な思いしてるよね」
 昨夜はツインだった。女性の添乗員は、朝から携帯電話で声をひそめてあちこちに当たっている。
「貴女と一緒に旅するなんて、思いもかけなかったわねぇ」
 私は昨日から何回も口にした言葉を、また口にしてしまった。
「富士宮から四人とは聞いていたけど、他の二人がお宅だったなんてねぇ」
 私と彼女は三十年近い昔の知り合いだった。十年ほど前にやめたが、その頃私は近くにある観光地に土産物を卸す仕事をしていた。自分で企画して、染めに出し、内職の人に縫ってもらって製品に仕上げた。暖簾や法被、ハンカチなどを売った。高度成長の始まりで世の中は活気があり、庶民が気軽に旅行に出始めた時期で、私の土産も結構売れた。彼女はその土産物屋さんの娘さんだった。元気のいい娘さんという印象がある。今も元気のいいお母さんだが、連れていた娘さんが、一見して病弱というより身障者に見えた。高校生ぐらいかなと思ったが、実はもっと上のようだ。言葉も聞き取りにくいが、話の内容は同年代の健常者以上の観察力だ。なにより母も娘も周囲に対しても、ごく自然に振るまっているのが好感がもてた。私も聞き取れないときは、「何に?」と聞きかえして、つとめて平常心で話した。私の方が緊張していたようだ。
「あれ、佐渡じゃない?」
 娘さんの指差すほうに島影が見えてきた。
 二時間二十分の乗船中、潮風に吹かれながらデッキでいろいろの話をした。昔の話や、観光の様変わり、家族のことなど。娘さんの病気の話はしなかったので私も尋ねない。でも授産所のような所だろうか、電車で隣町へ勤めている。昨年の夏はハワイにも行ってきたという。
「子どもさんは?」と聞かれて、「もう二人とも結婚してる。お宅はひとり?」とだけ聞いた。「そう、ひとり。出来るだけ、こうして一緒にいられるように」
 その後の長い沈黙がいろいろのことを物語った。
「いい育て方をしたわね。娘さん生き生きしてるもの」
 というのが精一杯だった。私は彼女の瞼がふっと赤くふくれ上がり、涙が浮かんだのを、見ぬ振りをして髪を掻き上げた。
 下船のときバスに乗るとすぐ、添乗員さんから「うれしい知らせがあります」と、サイフが出てきたことが伝えられた。ホテルに置き忘れてあったが枕の下ではなかったらしい。思わず拍手が起こった。
 昼食は新米の新潟コシヒカリに、かにの味噌汁、そして海の幸。私は船に揺られてお腹が空いたと言い訳しながらお代わりをした。娘さんは一杯のご飯を三分の一ほど残してしまった。
 この日は一日佐渡観光。美しい海岸線とともに歴史の島でもある。流人として歴史上の人物だけでも、順徳天皇・日野資朝・世阿弥・日蓮等々。そしてなによりも江戸幕府を支えた財源金山がある。廃坑になった今も、精巧な人形を五十七体も使って、観光に一役かっている。思ったよりスリルも情緒もなかったタライ舟も体験して、帰りは車なみの時速八十キロで走るジェットフォイルで、小木港から直江津港まで六十分。その乗船前、またサイフのおじいさんがいない。同じグループで来た人が「また○○だあ!」と捜しに立ち上がった。
 旅も終わりに近づくと時間が押せ押せになって添乗員は緊張する。最後の中央道・双葉ドライブインを四時十分発だと何度も念を押して、トイレ休憩した。ところが出発時刻になってまたサイフのおじいさんが足りない。みなでワイワイ言っている中、あつあつのやきそばを両手に持って戻ってきた。やっと車が出たのは四時二十五分だった。みんなのおじいさんに対する冷たい視線の中で、娘さんは
「イカそうめんばっかりで、やきそばだって食べたくなるよ」
 と、けろりと言った。私には娘さんの言葉も気持ちまでしっかり分かった。

《終》


※本サイトの作品は、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 16:57| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日