やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2013年03月09日

【エッセイ】祭りの裏方


【エッセイ】祭りの裏方 


 家の近くにある区の公会堂で、週一回ヨガ教室がある。教えるのも、教わるのも町内の顔見知りの同年輩ばかりだ。
「じゃあ、時間だから、ぼつぼつ始めようか」
 先生のOさんが声をかける頃
「遅くなりました──」
 と、いつもきまって駆け込んでくるのがSさんである。
 一時間みっちり、普段余り使わない筋肉を意識して動かすと、体重が五キロくらい減ったような気がする。Sさんとは、お互いウマが合うというのか、短い帰り道でも話をする。
「忙しそうね」
「ああ、いつも遅く来るから? ほら私のんびり屋だから、忘れちゃうのよ」
 と、けろりと笑っている。せっかちの私には、歯痒いほどのんきな、おっとり奥さんに見えた。
 昨年、彼女のご主人が定年退職したので、四月の年度替りから町内会長が廻ってきた。この街では、浅間大社の春と秋のお祭りは大イベントである。特に、各町内から山車や手踊りが出る秋の大祭はたいへんだ。
 輪番制の班長が廻ってきただけの私でも苦になっているのに、町内会長の奥さんのSさんが思いやられた。というのも祭りの世話役や囃子方や踊り手の食事の仕度が、奥さんたちの仕事だからである。
 当日、太鼓の音にせかされて、自分の庖丁を持って八時に会所に行くと
「ご苦労様です!」
 と、声を掛けられた。見るとSさんである。もうとっくに来て下拵えをしていた。エプロンとお揃いの三角巾をきりりと被り、メモを片手にとび廻っている。
 初日のメニューは、カレーとお握りとそば、うどん。カレーも百五十人分なので、五右衛門風呂のような大鍋で作る。
 昼食の目安もついて、一休みしていると、Sさんは
「うちの嫁です、よろしくね」
 この八月に結婚したばかりの長男の嫁を連れてきて、友人だと紹介してくれた。この機会に、町内の人への顔合わせをかねて手伝いを頼んだという。好感のもてる女性で、上手くいくだろうと思った。二日間の手伝いで私は疲れ果てた。
 祭りの片付けも終わって次のヨガの日、彼女と会うのが楽しみだった。なかなか現れない。一時半から始まるのに
「遅くなってごめんなさーい」
 と、駆け込んできた。マイペースである。
 江戸時代から、人の噂はうなぎの蒲焼よりうめえ≠ニいうそうだが、この人もこの手の世間話に辟易して避けていたのかもしれない。だれそれの病気はがんらしいよとか、どこの人が不倫してるだってよとか、先生がさあ始めましょうと言ってもやめない人もいる。
 最近聞いた話では、Sさんは長い間、姑の看護をしていたという。そんな素振りを見せないのだ。人間はへんに力まず、合格点すれすれに低空飛行している方が、いざという時、百点満点に近い力≠ェ出るのかもしれない。

《終》


※本サイトの作品は、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 17:54| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日