やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年09月06日

【エッセイ】雲の峰


【エッセイ】雲の峰 


 外から聞こえていたラジオ体操の音楽が終わった。「きょうも暑くなりそうだぞ」と、夫が小さなラジオを片手に入ってくる。
「朝から入道雲だよ」
 私は急いで朝葱の小口切りを味噌汁に入れて出来上がり。向きあって納豆とアジの開きと蕪の漬物で食事していると、生まれたときからずっとこうしてきたような気さえする。
 昭和二十八年、高校二年生だった私は、映画大好き少女だった。この田舎町に、有名な映画監督が旅行の途中、友人の洋裁学校へ立ち寄った。
 その夜、映画愛好者と「語る会」を開くという。怖いもの知らずの私はセーラー服のまま駆けつけた。会場のドアを細目に開けてのぞくと、そこは別世界だった。
 戦後の復興のエネルギーと、文化への渇望がうずまいているような熱気を感じた。もうもうとしたタバコの煙、声高な議論が飛び交い、ひげ面や長髪の男たちが見える。
 思いがけない雰囲気に慌てて今上がってきた階段を降りかけると、この洋裁学校の先生Kさんが上がってくるところだった。
「帰るの?女の人がいなくて困っているのよ。一緒に並びましょうよ」
 笑いながら両手を広げて遠せんぼをした。そのまま私はくるりと後ろ向きにされ、トットットッと二階まで押し上げられてしまったのである。その帰り道、はあはあ言いながら追い駆けてきて、映画のシナリオを無理に貸してくれたのが夫である。
 窓の外の雲の峰はどんどん成長して、若い夏を謳歌しているようだ。雲はいっ時として静止してはいない。世相も高度成長からオイルショック、バブル崩壊と荒々しく変化し続けた。わが家でも二人の息子が成人し、それぞれの伴侶を見つけて自立した。
 夫婦は恋・愛・肉親・空気と変化していくという。私たちも空気になりかけている。
「次は何になるの?」
「そりや煙さ」
「まったくだ!」
 二人で大笑い。とりあえず今年の夏も元気に乗り越えよう。
                  
《終》


※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

posted by maruzoh at 06:40| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日