やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。












   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町 誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジャー・ウォブルさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪


2012年08月26日

【エッセイ】最初の一歩


【エッセイ】最初の一歩


 二人の息子がたてつづけに結婚して、孫が交互に四人誕生した。宮参り、初節句、雛祭り、入学と人並みに振り回されたが、その孫たちもそろって元気な小学生になった。
 定年後のあれこれから解放されほっとした時、長男に三人めが生まれるという。息子も三十七歳という中年にさしかかり、私たちは初めてゆとりを持って孫を迎えた。
 上京して息子の家に一泊した時の事である。嫁が「今日辺り歩き出しそうなんですよ」「いい時来たわねぇ」ホットな話題に、離れて住む壁もさっと消えた。いままでどの孫も気がつくと歩いていたのである。
 日当たりのいい二階の部屋で、コタツを片付け長男一家と私たち夫婦は車座になった。その中で一歳なりに緊張した孫の尋斗(ひろと)はテーブルから片手を離せずにいる。「ヒロちゃんこっち」ビスケットを持ったママの誘いにも溜息をついて歩み出せない。三年生のお姉ちゃんと一年生のお兄ちゃんの声もとぶ。尋斗はやおら一歩を踏み出すと、口を一文字に結び目を据えてママに向かって歩き出した。ママの手になだれ込んだ時、期せずしてみんなの拍手がおきた。尋斗は小鼻をふくらませて、さも得意げに小さな手で自分も拍手した。

《終》


※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 20:56| Comment(0) | ◆澤田節子作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。