やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年07月19日

俺様とマリア volume.70 奇想天外ウェアウルフ


俺様とマリア volume.70 奇想天外ウェアウルフ


 リングの中央、俺様の2メートル程前にウェアウルフの背中が見える。背後を取りながらも、しかし攻撃を仕掛けるにはちょいと距離があり過ぎる。つまり、この俺様のウェアウルフへの行為は、威嚇や示威、警告以外の何物でもない。「ウェアウルフよ、俺様を今までの対戦相手と同じように見てもらったら、とんだ大火傷をすんぜ」ってなもんだ。
 言葉は喋れねえだろうが、ウェアウルフにだってそれなりの知恵はある。いやむしろ、闘うことや生きることに関しては、文明社会の中で安穏と暮らしている俺様なんかより、遥かに高いスキルを持っているに違いない。しかも奴には、俺様たちが文明によって錆付かせて鈍らせちまった野生の感性、直感がある。
背中越しで本来なら表情などわかるはずもないウェアウルフだったが、確かに奴はニヤリと笑うとコーナーに向かって超高速でダッシュし、反時計回りにすぐさま振り返った。そうだよな、コーナーを背にしたら背後には回れやしねえ。上出来、上出来。
 ところがここまでは想定内、詰め将棋の一手先みてえなもんさ。コーナーに追い詰められたウェアウルフは、準決勝で自身がチャンプアに仕掛けたような連続攻撃をどう捌(さば)いて見せるかな。これが俺様からの次の宿題だ。まあ見てみなよ。俺様の連打だって、お前さんほどじゃないにしろ、かなりいい線いってんだぜ。

「そら、4ダースばかりの掌底のプレゼントだ。
ありがたく受け取りな」

 掌底。B・Bがウェアウルフに大ダメージを与えた骨法流の掌での打撃だ。俺様は一気に間合いを詰めると、この連打パターンを奴の頭部から胴めがけて、それこそ雨霰の様に浴びせた。

シャ シャッ バシッ シャ ガガッ シャ シャッ ブン ブン ガッ

 ウェアウルフがチャンプアに放った44発を超えるのではと思わせる勢いで俺様は掌底を放つんだが、これが見事に当たらねえ。これだけの速さの連打だ。全てを空振りさせるのはとても無理だろうが、ダッキングとパーリング、ブロッキングで奴は俺様に有効打を許させやしない。流石だ、恐れ入るぜ。
 と、ウェアウルフの体が徐々に沈み始めた。B・B戦の最後に見せた四足歩行ディフェンスに移行させようとでも言うのか?掌底がどうしても打ち下ろし気味になっちまうんで、いや、こいつは打ちにくい。

(蹴っちまった方がいいか?
それともこのまま押し込んで、コーナーに固めてタコ殴りにしちまうか?)

 俺様の中に一瞬の迷いがあった。実のところ何も有利に働いている要素は無いっていうのに、反撃をさせていないという見掛けだけの有利さの奢りと、それなのに一切の有効打を打てないという焦りが、必要の無い間を生んだんだろう。ウェアウルフはその隙を見逃さなかった。

タタタッ ザシュッ

 奴が右足をサードロープにかけたところまでは、俺様も眼で追えた。しかし、あの速さに加えて、あまりの予想外のウェアウルフの動きに、俺様は奴の姿を完璧に見失ってしまった。

「ど、どこに・・・」

 前後左右、どこにもいない。

(う、上だっ!)

シャウウウウゥゥゥゥゥ・・・

 微かな空気の流れを感じて俺様がステップバックすると、目の前の空間をウェアウルフの鋭い爪が切り裂いた。
 前代未聞!コーナーに詰められたウェアウルフの野郎は、驚いたことにサードロープから3本のロープを駆け上がってそれを脱出すると、トップロープの上から俺様の頚動脈を狙いやがったんだ。信じられないほどの運動能力と常識に囚われない奇想天外な戦法。こいつはこんなお遊びに興じてる場合じゃないぜ。褌締め直して仕切り直しだ。

【To be continued.】




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 俺様とマリア

posted by maruzoh at 08:33| Comment(0) | ◆俺様とマリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日