やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年06月16日

俺様とマリア volume.58 不死身の改造人間


俺様とマリア volume.58 不死身の改造人間 


 元ゴクの全体重がまさに頭頂部のただ一点に集中し、それがリング中央に垂直に突き刺さった瞬間、俺様には火花が散ったように見えた。それほどの衝撃だった。会心の垂直落下式DDT、決してへこむはずの無いラワン材を渡す鉄骨部が、微かに窪んで見える。
 元ゴクは3点倒立のように真っ逆さまのまま暫くバランスを保っていたが、やがて巨木が倒れるように仰向けにゆっくりと倒れていった。

ずずうううぅぅぅぅん

(散々偉そうなこと言いやがって、どんなもんだい。ざまあ見やがれってんだ)

 やはりいくら頭部を超合金で覆ったところで、それを支える首は生身なんだ。超合金に頼らず、もうちょっとバンプや首の鍛錬をしなけりゃ俺様には勝てねえよ。俺様は倒れた元ゴクに言葉どおりの上から目線でサヨナラを告げた。

「残念だったな、薄っぺらなチョーチン野郎。
所詮お前は超合金任せのまがい物だったよ。
あばよ元獄真会館の改造アンちゃん」

 勝利を確信した俺様が自陣のコーナーに戻ろうと思ったその時だった。仰向けでノビたままのはずの元ゴクがにや〜っと笑ったと思うと、その血走って狂気に満ちた両目をくわっと見開いた。

「おいおい待てよ、随分と気が早いんだな。
短気は損気って言うぜ、プオタ野郎。
てめえの臭い台詞、笑いを堪えてノビた振りしてるのは骨だったよ。
ようやく笑わせてもらえんよ、ひゃははははははは・・・」

 まさかと口をあんぐりと開けちまった俺様の目の前で、元ゴクが何事も無かったように首をコキコキと回しながら立ち上がった。

「へへへ、多少ばかりの衝撃はあったよ。
でも、まあ俺にとっちゃあマッサージ程度だ、これじゃな。
今度肩凝りが酷い時には頼むとするわ、元必殺技をな。
ふはは、ひゃははははは・・・」

 俺様は元ゴクの頭のてっぺんから爪先までをもう1度舐めるように見直した。頭頂部から額、後頭部、両肩から指先までと肋骨。両大腿部から膝、脛、甲に至るまでが全て超合金ニューZ。まるでロボットだ。しかしそれだけでは、今の投げ技に対する防御は説明がつかない。骨より遥かに比重の高い超合金の重みを、今回の首を初めとして各関節部が支えきれるはずが無えだろうよ。俺様の表情を察して元ゴクが口元を歪めた。

「ほほう、不思議でならねえか、今のが。
そうだろうなあ、てめえの頭じゃ想像もつくまい。
分かったからってどうこうできる訳じゃねえんだし、
疑問に思ってるなぞなぞの種明かし、ここでしてやろうか?」

 元ゴクが自身の首の辺りをペチペチ叩いて続けた。

「てめえらの察しの通りだよ。
超合金の硬度や重みは、即攻撃力や防御力となり得るが、
しかしそれが諸刃の剣になるってのも事実だ。
これだけの硬度であれば衝撃を一切吸収することも無いから、
超合金の重みも含めて俺はその全てを周辺の筋肉で支えなければならねえ。
ところがいくら筋肉を鍛えるったって限界はあるだろう、そこでだ」

 もったいぶって元ゴクは、周囲を見渡した。試合中だってのに、誰もがその答をまんじりともせずに待っていた。

「超合金を針金状にしてな、各部位を繋げた。
こんな細い針金1本だって超合金ニューZを以ってすれば、
20キロ程度の重量を支えることが出来る。
そのショックアブソーバーが各部位に数本、
場所によっては10数本も施されている訳だ。
垂直落下式DDTごときは、蚊に刺されたようなモンだよ」

 超合金製のショックアブソーバーだと?俺様は元ゴクの勝ち誇ったような顔を睨みつけながら、本来ならウェアウルフ戦用にエディのおっちゃんと開発した新必殺技を、この試合で投入せざるを得ないかもしれないと考えていた。しかし、できることならウェアウルフには手の内を晒したくない。1度見ただけで俺様の技をコピーしてみせた奴には・・・

【To be continued.】




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 俺様とマリア

posted by maruzoh at 13:02| Comment(0) | ◆俺様とマリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日