やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年03月06日

ケンと シロと そしてチビ 第29回


ケンと シロと そしてチビ 第29回 


 さっきのじじいの言葉は、俺さまの心に沁みたよ。
じじいの本当の気持ちが、言葉と一緒に俺さまに流れ込んできて、俺さまがじじいの喜びで満たされちまったみたいだった。じじいの生きてきた証なんだろうな、これが。残された時間は少ないかもしれないけれど、これからの俺さまは、きっとじじいに素直に接することができる。今まで出来なかった親孝行の真似事、遅いだろうけどしたいな。
 そうだ!まずは家に帰ったら、秘密にしてたあの重大発表ってヤツをしてやるとするか。じじいもシロも、びっくりするだろうなぁ。

 俺さまがそんなことを考えていると、ひょいっと頭をもたげたじじいが、しきりに鼻をクンクンとやりだした。どうしたんだろう?具合でも悪くなったんだろうか?

「じ、じじい。どうしたんだ?」

「じいさん、気分でも悪いのかい?」

 俺さまとシロが交互に聞いても、じじいはさっきより一段と激しく鼻をクンクンさせるばかりだ。

クンクンクンクン・・・

「じじい!苦しいのか?」

 じじいが、振り向いた。

「クンクン、お前さんたち、 
クンクン、ネコには、
クンクン、分からないかい?」

 どうやら苦しいんじゃなくって何かが匂っているらしい。

「鼻に関しちゃ僕らネコは、
じいさんたちイヌにゃ、全く敵いやしないよ」

「その通りさ。で、じじい、いったい何が匂うってんだよ?」

 じじいが天を見上げて、うっとりと笑った。

「神様は、本当にいらっしゃるんじゃなぁ。
叶えられそうもない約束だったけれど、
それをわしらに届けてくれたんじゃよ・・・」

 じじいはそう言うと、急にむっくりと立ち上がった。
仰天して顔を見合わす俺さまとシロに目もくれず、じじいは前足を大きく踏み出すと、な、なんと、驚いたことに、河原に向かって駆け出したんだ。

「じ、じじいっ!」

「じいさんっ!」

 度肝を抜かれた俺さまたちの声に振り返ったトーサンが、走り出したじじいを見つけて、声も出せずに目をまん丸にしてる。

「わうわうわうっ!」

 じじいは3度吼えてトーサンの脇をすり抜けると、そのまますっかり葉を落とした桜並木の方にスピードを落とさず駆けていった。

「おい!一体全体どうなっちまったんだ?」

「そんなの、僕が聞きたいくらいだよ・・・」

 俺さま、シロ、トーサンの順で俺たちは追いかけたんだけれど、あのじじいのどこにそんな力が残っているんだ?これが追いつけやしない。

「ケーンッ!待てぇ!待つんだぁ!」

「わうわうわう・・」

 かなり先の方から、またじじいが3度吼える声が聞こえた。俺さまは、不思議な期待とともに、何か重苦しい胸騒ぎがしてならなかった。
 加速したシロの奴が俺さまをびゅうんと追い抜いていった。最近は随分と鍛えてるつもりだったけど、まだまだ野生の残っているこいつには、かけっこに関しちゃ分が悪い。悔しいけどシロは、すぐに見えなくなっちまった。

 暫く走ると俺さまを追い抜いたシロが、潅木の茂みを曲がる手前の辺り、落ち葉だらけの桜並木の真ん中で、なぜか呆然と立ち尽くしていた。
 や、やっぱり、じじいは・・・

「シ、シロ!じじい、どうかしたのか?」

 俺さまの叫び声に、シロがこちらを振り返って言った。

「チビ、僕らは夢でも見ているのかなぁ?
こんなことって、本当にあるんだろうか・・・」

 息を切らしちまった俺さまが、シロが指差す潅木の先を覗いてみると、そこだけがなぜか、朧(おぼろ)な淡い光が差しているように見えた。

「・・・・・・・・・」

 息を整えて、目を凝らして、もう1度よおく見てみる。

「えぇぇ・・?」

 そのやさしい光の正体が判った俺さまは、倒れてるじじいに駆け寄るのも忘れて、シロと同じように呆然とその場に立ち尽くしちまった。

 ほとんど葉を落とした桜並木の一角、たった2本の桜の木だけが、何を勘違いしたのか、満開の花を咲かせていた。そよ風に微かに揺れながら、真っ赤な落ち葉の上に春色の花びらを絶えず降り注いでいる。

 その2本の木の真ん中、じじいは倒れていた。
いや、倒れてはいたけれど、けっして喘いじゃいないし、全く苦しそうでもなかったんだ。決して見間違いじゃない。じじいは、天を仰いで笑っていた。この奇跡をきっとじじいは、神様に感謝していたに違いない。桜の花びらを受け止めながらじじいは、本当に幸せそうに笑っていた。

「ケ、ケン・・・?」

 トーサンがやっと追いついた。
トーサンも信じられないと言った風に、呆然と満開の桜を見やっている。

「こいつは、いったいどうしたってんだ。
この時期に桜の狂い咲き、しかも満開とは・・・」

 俺さまとシロは、トーサンの独り言にはっと正気に戻り、押っ取り刀でじじいのもとに駆け寄った。

「じ、じじいっ!
きゅ、急に駆け出したりして、し、心配するじゃねえかよ!」

「そうだよ、じいさん。
ぼ、僕らびっくりしちゃったよ・・・」

 俺さまたちの言葉にじじいは、笑いながらただ頷くだけだった。

 トーサンが駆け寄ってくると、じじいは初めて「ク〜ン」と甘えた声を出した。目を細めたトーサンは、じじいの頭を、とってもやさしく、やさしく撫でながら語りかけた。

「ケン、お前は、本当にすごいなぁ。
こんな素晴らしい景色を俺たちに・・・
あ、ありがとうなぁ、ケン。本当にありがとう・・・」

「わう」

 暫らくするとトーサンは、じじいをゆっくりと抱き上げて、一緒に桜の木を見上げるようにした。

「ケン、疲れたろう。ゆっくりお休み」

「わふ」

 じじいは頭を下げてトーサンの胸に潜り込ませると、そっと静かに目を閉じた。

「ありがとう、ケン。
お前と出会えて、本当によかったよ・・・」

そう言ったトーサンの頬を、大粒の涙がつたっていった。

《最終回につづく》





☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 児童小説 ケンと シロと そしてチビ


posted by maruzoh at 12:36| Comment(0) | ◆ケンと シロと そしてチビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日