やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年01月10日

王様 対 皇帝 第71回 メドゥーサの涙


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第71回 メドゥーサの涙 


「手紙の内容は・・・」

 そう言ったきり俯いてしまったガルル皇帝の姿を見さえすれば、残念ですが誰だって、その手紙の中身がどんな内容なのか想像がつくというものです。だからこそ皇帝執務室や廊下はおろか、千年帝国の全艦までが、しんと静まり返ってしまったのです。

「消印は、1月以上も前だったんだ。
馬鹿みたいだろ?
私たちが拘留されている間に・・・
正一は、死んでしまっていたんだ。
半年間の拘留から、一転無罪放免となってね。
私が日本にいる妻に連絡を取るなんてことは、
なんの造作も無いことだったんだよ、本当は。
でも、私はね、そうしなかった。
酒を飲んでは、ただ受話器を握り締めていた。
ダイヤルしかけては、すぐに放り出していたんだ。
何度も、何度も。
毎日、毎日。
怖かったんだよ。
怖かったんだ、事実を知ることが。
知って受け止めることが、できなかったんだよ。
妻はそばにいて、その一部始終を1人で、
そう、たった1人で受け止め続けたって言うのに、
私はその妻に、ねぎらいの言葉一つかけてあげようという、
そんな勇気さえも持ち合わせてはいなかった。
私は正一にも、妻にも、何ひとつ力になってあげられなかった。
いや、家族だけじゃない。
私は心丸の仲間たちの思いも、未来も、全てぶち壊した。
全てだよ、全て。
私に関わったもの全てが、壊れていくんだ。
どうだい?
私はまるで、見たもの全てを石に変えてしまうメドゥーサみたいだろ?
好むと好まざると、私に関わったものは、全て石になってしまう。
そう、全部、石にね・・・
メドゥーサだって、眼にしたくないもの、
石にしたくないものだってあったはずさ。
でも、そうなってしまうんだ。
それが、私に課せられた運命なんだよ。
皮肉なものだが、そのメドゥーサってのは、
私たち心丸の仲間の愛した海、
そう、海の神ポセイドンの愛人だったんだよ。
ふ、ふふふふ・・・」

 ガルル皇帝の辛そうな笑い声は、いつかまた、涙に代わっていました。誰もがかける言葉を失い、艦内をずっと静けさが支配していました。突然MARUZOHくんが、その静けさを意外な話で破りました。

「ガルルさん。
ココロニアってのは、ご存知の通り伊豆諸島の小さな島ですから、
空気が澄んでいて星がすごく綺麗なんですよ。
だから僕も小さい頃から満天の星を眺めて育ったんですが、
ココロニアには環境大臣と言う気象の専門家がいるんです。
大臣は毎日、大きなスズメバチの巣の退治をしたり、
泉や沢の水質調査をしたり、とても忙しくしているんですが、
夜になってお酒を飲むと、ほろ酔い気分で、
星を見ながらギリシャ神話の話をよくしてくれたんです。
いいですか、ガルルさん。
大臣曰く、かのメドゥーサの石化にも特効薬があったんです。
何だと思いますか?
石化の特効薬、それは、メドゥーサが決して流さず・・・
ガルルさんが、十年ぶりに流している・・・
その涙なんですよ」

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


posted by maruzoh at 23:08| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日