やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2012年01月04日

王様 対 皇帝 第66回 心丸の積荷


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第66回 心丸の積荷 


 ヒムラーが顔をこわばらせています。元諜報部員のヒムラーは、ガルル皇帝の言葉の裏の何かを感じとっていたのです。

「千年帝国は、この通り組織化された稀代の詐欺集団ですし、
それを率いていた貴方、ガルル皇帝は、
法を犯すことなど屁でもないと嘯(うそぶ)いていた。
しかし、そんな貴方でも、絶対に手を出さないことが、ありましたね。
それは・・・」

 ガルル皇帝は、ヒムラーのその言葉を一瞬間だけ取り戻した鋭い視線で遮ると、また目の前のマイクに視線を移して、先程の続きを話し始めたのでした。

「あの電話を切ってから半日が過ぎたのだが、
私の不安は、どんどん大きくなるばかりだった。
もしも、私の不安が的中していたならば、
心丸の連中が大変なことになるだけではすまない。
私たちの知らない、全く見ず知らずの人たちに、
災厄をもたらすことになるのだ・・・
私は不審がる妻に詳細を説明することなしに、
その日の夕方、飛行機に飛び乗った。
F国に先回りして心丸を待ち受ける為にね」

「そ、それは、
その積荷は、もしかして・・・」

 MARUZOHくんは、そこまで言うと口籠ってしまい、ガルル皇帝が、その言葉を継ぎました。

「そう、ご想像の通りだ、麻薬だよ」

 ヒムラーは、「やはり」と呟いて奥歯を噛み締めました。皇帝は、マイクの先端を凝視したまま続けます。

「心丸の荷に潜ませて、奴らはそれを運ぼうとしていた。
さすがに覚醒剤そのものではなかったが、
人を駄目にする道具の原材料なのだから、いずれ似たようなものだ。
当時、密輸のターゲットは、少量でも末端価格の高い覚醒剤だったから、
貨物を使って麻薬の原材料を大量に運び込むっていうのは、
当局からすると意外な盲点だったのかもしれない。
そんな危険な儲け話を、奴らが、からか持ちかけられたって訳だ」

「ガルルさんは、それを止めに、F国まで・・・」

「ああ、そうだ。
奴らが正一の為を思ってくれているのは、
前々から痛いほど分かっていた・・・。
奴らが会社として金策に奔走してくれたのも知っている。
しかし、金の工面は、どうにも上手くいかなかった・・・
そんな心丸が、手っ取り早く荒稼ぎをしようと思ったら、
手立ては、密輸くらいしかないんだよ。
しかも、短期間で、億の金を手にするなんて、
リスクの高い限られた品物しか、ないからね・・・
でも、奴らの気持ちは、気持ちだけは、本当に嬉しいんだが、
それだけは、人としてやってはいけないと、
当時の私は、思っていたんだ。
正一が真実を知ったら、と思うとね・・・
私は、どうしても、了承できなかった。
ふふふふふ、おかしいだろ?
今の私とは、まるで大違いだからな」

「でも・・・」

 ゲッベルスが身を乗り出して質しました。

「あ、あんたがF国からの出航に間に合ったのなら、
心丸を沈める必要なんて、無かったんじゃないか?」

「私が、奴らの説得に、成功したのならな・・・」

 そう答えたガルル皇帝の眉間には、久しく消えていた深い縦皺が、また現れていました。

「出航の時までに仲間と話がつかなかったんだ・・・
私も含めたクルー全員と、大量の麻薬の原料を乗せた心丸は、
曇天のF国の港を静かに出て、日本に向かったんだ・・・」

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 10:14| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日