やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年12月30日

王様 対 皇帝 第61回 皇帝の逡巡


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第61回 皇帝の逡巡 


「わ、私たち・・・って?」

「まさかあの、写真の奥さんとお子さんですか?」

 ガルル皇帝の言葉をゲッベルス、MARUZOHくんが順に問い質しました。皇帝はそれを右手で制すと、それに合わせて頭(かぶり)を大きく振ります。

「おいおい、小型と言ったって、バラ積みの貨物船だぞ。
ほとんどが国外の航路で載貨重量だって5000トン近くある。
乗務員も最低でも7〜8人は必要だ。
家族3人で和気あいあいと出来るようなそんな甘い仕事じゃない。
それに大体、貨物船を一隻どれだけすると思ってるんだ。
億単位だぞ。
個人で買えるほどの資金なんて、当時の私にはとてもありゃしない」

「と、言うことは、仲間数人で会社を作ったって訳か?」

 マレンゴの言葉に皇帝は振り向き、そして頷きました。

「まあ、そんなところだ。
もともとトランパーというのは、
浮浪者や流民を表す俗語から来た呼び名だ。
定期航路を持つ大企業のライナーに対して、
条件次第で世界中何処にでも行く不定期船、
そいつが、トランパーって訳だ」

「なんか、昔ながらの海の男って、そんな感じですね」

 MARUZOHくんの言葉にガルル皇帝が、はにかんだ笑顔を初めて見せました。

「ああ、海賊がよく出る航路や、
気象条件、海流の厳しい航路。期限の迫った荷。
私たち心丸は、みんながやりたがらない仕事を進んで受けていた」

「では、心丸は順調に業績を上げてたわけですね。
それをどうして、沈めることなんかに・・・」

 MRUZOHくんを遮って、マレンゴが言いました。

「海の男だなんて格好はつけちゃいるが、
所詮、金の為ならどうとでも動く業突張りどもの集まりだ。
どうせ金の絡みの内輪揉めだろ?
とりわけ金に汚いガルルのことさ。
大方、仲間割れとか、裏切りに決まってる」

 こんなことを言われたならば、今までのガルル皇帝なら青筋を立てて怒鳴り散らすか、大声で「ふははは」とばかりに笑い飛ばしたことでしょう。ところがガルル皇帝は、俯いたまま黙して語ろうとしません。

「ほら、図星をつかれてぐうの音も出ないじゃないか。
まあ、金の亡者どものドロドロした血生臭い話なら、
千年帝国で聞き飽きているし、胸糞が悪くなるだけだ。
そんなんなら俺は、無理して聞きたくもないな」

 皇帝がマレンゴを睨み付けました。その眼には、力は籠もっていますが、不思議と先ほどまでのような
邪気が含まれていないような気がするのは、気のせいでしょうか。
 そして、誰にともなく皇帝は、こう呟きました。

「やはり、この話は、ここで止めておこう・・・
マレンゴの言うとおりかも知れん。
解ってもらおうとも思わんし、弁解もしたくない。
例え私がどんな話をしたところで、私が許されるはずもないのだし、
もう、マレンゴの言ったとおりということで良かろう・・・」

 MARUZOHくんがガルル皇帝の前に歩み出ました。

「駄目です、ガルルさん。話してください。
この船に乗っている人たちの為、
そして何より、貴方自身のけじめの為にも、
ここでまた、眼を逸らしちゃいけないっ」

 MARUZOHくんの脇にタカシくんが走ってきて、皇帝を見つめています。

「お、おじさん・・・」

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 10:30| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日