やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年12月21日

王様 対 皇帝 第52回 悲しき皇帝


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第52回 悲しき皇帝 


 握った拳をガツンと壁に打ち付けてしまった親衛隊も、手にしていたお玉を取り落としてしまったコックさんも、あやしていた赤ん坊にほっぺを掴まれていたお母さんも、ガルル皇帝の言葉に母艦中で放心していた誰もが、タカシくんのその声でハッと我に返ったのでした。

「ほう、小僧。
貴様はなかなか面白い奴だ。
先程のゲッベルスの時といい、我輩に物怖じせずに意見できるのは、
恐らくこの船の中では、お前くらいのものだろう。
我輩のことを知らぬが故のチンケな勇気なのだろうが、
ふふふ、面白い、よかろう、なんなりと我輩に聞いてみるがいい」

 ガルル皇帝はソファーにドカッと体を投げ出すと、踏ん反り返った顎越しに3人を見据えました。もちろん右手の拳銃は、3人に狙いを定めたままです。MARUZOHくんとマレンゴが、左右から真ん中のタカシくんを見下ろしますが、如何せん背が低いものですから、角度的にタカシくんの表情は、なかなか読み取ることができません。

「ガルルのおじさん。
僕は小学1年生だから、
大人のことは、よく分からないけどね。
おじさんって・・・・」

 皇帝が即座に反応しました。

「小僧、またか?
また、得意の『おじさんって』か?
小僧、さっきも貴様、そう言ったな。
そうそう、『おじさんって、泣いたりするの?』とな。
はっ、くだらんっ!
阿呆らしくて、へそが茶を沸かすわ。
全く、くだらん。
我輩は泣かん、断じて泣かんのだ。
今の我輩にあるのは、喜怒哀楽の内、怒だけだ!
喜も哀も楽も、ましてや涙など、遠い昔に捨て去ったたわい」

「でも・・・」

「でもも糞もない。
感情が溢れ出して涙や笑顔になるだと?
それがどうした?だから、どうしたと言うのだ?
そんなもの、1円の得にもならんじゃないか。
笑顔や涙で、腹が膨れるものか。
くだらん、実にくだらん。
我輩と、小僧が敬愛するココロニア国王とは、
まさに水と油、プラスとマイナス、
鏡に映ったこちらとあちらほど違うのだっ!」

「でも、おじさん言ったじゃないか、
あの時、ゲッベルスのおじさんに。
おじさんと王様の違いを言ってみろってさ」

「ああ言ったとも。
我輩と熱田。
思想、方法、手段は、水と油だが、
最終的に求めているものは、同じだからな。
ふはは、わからぬか?
小僧や芸術家連中の如き馬鹿者どもを、
甘っちょろい理想で洗脳して、
1人利権を得ているココロニア王国の国王熱田。
一方、不法行為が国家の収入源という
同じ脛に傷持つ者同士の負の連帯感により
一蓮托生、死なばもろともという、我が千年帝国。
どうだ?
たった1人の独裁者が植えつけた思想で、
全ての人間がその1人に奉仕しているのだ。
ははは、全く、そっくりの構造じゃないか?
この2つの何処が違うと言うんだ?
ええ?小僧、さあ、違いを言ってみるがいい」

 MARUZOHくんの握り締めた拳が震えています。それはそうでしょう。自分の父親、ココロニア国王を、独裁者と目の前で断じられたのですから。

「おじさんは、可哀想だね・・・」

 タカシくんが、ポツリと言いました。MARUZOHくんがの手の震えが、なぜか、ぴたりと止まりました。

「ふん、大きなお世話だ。
言うに事欠いて、今度は可哀想だと?
小僧、いい加減にするがいい。
だって、そうだろう?
我輩には莫大な富がある。
支配する帝国民も多数いる。
この我輩の何処を取って可哀想などと言うのか?
貴様の目は、この千年帝国の繁栄が見えぬ節穴か?」

 その言葉を受けて、MARUZOHくんが1歩前に出ました。そして、静かに皇帝の眼を見据えて言ったのです。

「分かっていないのは・・・
節穴は、貴方だけですよ、ガルルさん」

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 08:55| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日