やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年12月06日

王様 対 皇帝 第37回 MARUZOH対ガルル皇帝


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第37回 MARUZOH対ガルル皇帝 


 千年帝国母艦からMARUZOHくんの乗せられた小舟に、丸い輪のついたロープがスルスルっと降ろされました。MARUZOHくんがその輪っかに頭から体を通すと、それを甲板から双眼鏡を覗いていた船員がさっと手を上げます。その合図でその輪っかは、MARUZOHくんの体ごとまたスルスルっと引き上げられて、あっという間に甲板まで引っ張り上げられていきました。

ドスン

「痛たたた・・・」

 招待という言葉とは裏腹に、物でも扱うかのように乱暴に降ろされたMARUZOHくんの目の前に仁王立ちする肉食獣系の黒マントの男・・・
 この男が、ガルル皇帝であることは、初対面のMARUZOHくんにもすぐわかりました。

(この男がガルル・・・)

 その男が発する自分たちココロニアとは全く異質の危険な臭いが、MARUZOHくんの首筋に冷たい汗を一筋流させました。

「ようこそ。
我輩の支配する千年帝国へ。
ふはは、
ふはははははははは・・・」

 相変わらずガルル皇帝の残忍そうな眼は獲物を見据えるようにして、大声で笑い声を出している最中でさえ、その実ちっとも笑ってはいません。いえいえ、それどころかMARUZOHくんも、タカシくんが感じたのと同じようにこれは唇・・、いえ、顔全体が醜く歪んでいるだけで、王様の言う感情の溢れ出した笑顔とは程遠いお面みたいな表情だと感じていました。

「ガルル皇帝、挨拶の前にまず僕が確認したいのは、
タカシくんたちの安全だ。
タカシくんをすぐにここにつれて来るんだ!」

 MARUZOHくんの叫びにガルル皇帝のこめかみの青筋が太く浮き上がりました。

「ふっ、MARUZOH!
貴様は、自分の置かれている立場と言うものが
全くわかっておらんな。
いいか?貴様の命なぞ、我輩の胸先三寸。
この通り・・・
思いのままなんだぞっ!」

 その言葉と同時にガルル皇帝が片手をさっと挙げると、MARUZOHくんを取り囲むようにしていた親衛隊が

カチャ カチャ カチャ カチャリ カチャッ!

 一斉に肩に掛けていたライフルの銃口をMARUZOHくん目掛けて構えたのです。MARUZOHくんは、思わず一歩後退りしてしまいました。

「ひ、卑怯な!約束が違うぞ!」

 気を取り直したMARUZOHくんが、また一歩ガルル皇帝に詰め寄ると、ガルル皇帝は更に残忍そうに表情を歪めてこう言いました。

「おやおや、これは人聞きが悪い。
我輩がいつ貴様を銃で取り囲まないなどと約束したかね?
我輩はあくまでもだな、
あの小僧とあの小僧の宝物を交換しようじゃないかと、
その様に交換条件を持ちかけたに過ぎない。
そう、これは取引であって、
貴様らとの友だちごっこじゃないんだよ。
ふははは、
ふははははははは・・・」

 上目遣いでガルル皇帝を睨むMARUZOHくんが、ごくりと唾を飲み込んだ・・
その時です!

シュウウウゥゥゥゥッ! パッパッ!

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!
眼が、眼がぁぁぁぁぁぁっ!」

「く、くしゃん!くしゃん!」

 突然の親衛隊の悲鳴とくしゃみに驚き振り返ったMARUZOHくんとガルル皇帝が見たのは・・
顔面を両手で覆う親衛隊の右腕を捻り挙げて、ライフル銃を奪ったヒムラーと!
殺虫剤スプレーとお徳用の胡椒の瓶を手に仁王立ちするゲッベルス!
そして、

「MARUZOHさん!」

その場にはなんとも似つかわしくない、満面の笑みを湛えたタカシくんの姿でした。

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


posted by maruzoh at 08:21| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日