やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年11月26日

王様 対 皇帝 第27回 ゲッベルスの勇気


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第27回 ゲッベルスの勇気


「ゲッベルスのおじさん。
タケル兄ちゃんのお父さん。
王様がすぐに助けに来てくれるって!」

 タカシくんは受話器を置くと、ふたりの顔を交互に見てにっこり笑いました。

「しっ!」

 聞き耳を立てていたヒムラーが、唇の前に人差し指を立てました。

「だ、誰か来る・・・」

 そう言った瞬間です。荒々しくドアが開けられました。

バタンッ!

 そこに立っていたのは・・・
タカシくんが5月の眩しい海で見たあの黒に赤い縁取りのロングコート。黒い船のような帽子。そして、何よりも他を圧倒するピリピリと肌に突き刺さるような威圧感。そう、ガルル皇帝その人でした。

「親衛隊の能無しどもめ。
逃げたねずみが向かう先も分からんとは、情けないにもほどがある」

 ガルル皇帝に気圧され、思わず後退りをしようとするゲッベルスの背中をヒムラーがやさしく抱きかかえています。でも、そのヒムラーの手もすっかり汗ばんでいました。ガルル皇帝とは、これほどに恐れられている男なのです・・・

「ほう、ヒムラーも一緒に寝返ったというのは本当だったか?
報告だけでは信じられなかったが、
お前ほどの男が、このゲッベルスごときにそそのかされ、
こころ王国の甘ちゃんどもに肩入れするとはな」

 皇帝はギロリと2人をひと睨みしました。ヒムラーが、恐怖で裏返りかけた声で言います。

「こ、皇帝、タカシくんをココロニアに帰してやってください」

 皇帝は、フンと鼻を鳴らしてから言いました。

「ほう、忠誠を誓ったこの私に指図ができるようになったとは、
ヒムラー、貴様も随分と出世したもんだな・・」

 皇帝の一言で、ヒムラーはもう汗びっしょりです。ヒムラーの横のゲッベルスが、ごくりと唾を飲み込んでから震える足で一歩、踏み出しました。

「こ、皇帝っ!
い、いや、ガ・・ガ・・ガルルッ!
わ、私たちはな・・・
も、もう、この間までの・・私たちと違うんだ!」

 本当にありったけの勇気を振り絞って、半べそをかくようにして、ゲッベルスはそう叫びました。

 見下ろすようにしている皇帝のこめかみに太い青筋が1本、浮かび上がりました。

「優秀なスパイの火村とは対照的に、
何をやっても駄目な小男の貴様につけたあだ名が、
ヒムラーに対するゲッベルスだったな・・・
フンッ、その駄目男がこの私を呼び捨てにするとは・・・
貴様ぁ、狂ったか!
それとも、この場で死にたいかぁ!」

 あまりの迫力にタカシくんが、ビクンと震えました。それを見たゲッベルスは、タカシくんをかばう様に前に立つと眼をまん丸に開いて、溢れる涙を拭いもせず言いました。

「た、確かに私は・・・
何をやっても駄目で・・・
臆病者の、弱虫の、泣き虫だった・・・
いつもあなたの顔色を窺っては、
ビクビクしながら・・・
本当はやりたくない犯罪の片棒担ぎを
ずっと、ずっとやってきた・・・
で、でも・・、でも・・
このままここで、このままここで終わってしまったら、
私は一体、何の為に生まれてきたのか・・
分からないじゃないかぁ!」

《つづく》


※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 17:47| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日