やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年11月14日

王様 対 皇帝 第15回 向こう脛と毛布


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第15回 向こう脛と毛布 



カンカンカンカン・・・

 ガルル皇帝親衛隊たちと思われる靴音がどんどん大きくなって、その音が大きくなる度にタカシくんの心臓の鼓動も大きくなっていきます。タカシくんは、さっきゲッベルスから教わったことをもう一度頭の中で繰り返してみました。

(まずは、向こう脛。
出たら左。
突き当たったら右。
そして、左のダクト・・・・)

 うん、大丈夫。全部覚えています。タカシくんは、靴音のする廊下の角を睨みつけました。と、その時、その角から何人かの人影が現れました。

ドキッ ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ・・・

タカシくんの心臓は早鐘を打つように、息苦しいくらいに高鳴っています。
 靴音が消えました。
大男たちが鉄格子の前で止まったのです。2人組みでした。
 タカシくんは、やっぱりどうにも不安になってしまって、毛布にくるまったゲッベルスの方をチラリと見ました。目だけを出したゲッベルスのその目が、やさしく、そして決意を秘めて「がんばれ」と言っています。タカシくんは、ごくりとつばを飲み込みました。

「君は、宇田川タカシくんだね?」

親衛隊の大男の発する声は、丁寧な言葉使いとは裏腹に妙な威圧感がありました。

「う、うん・・・」

タカシくんは、大男の顔を見ずに下を向いたまま答えました。なぜなら、タカシくんのその視線は、大男の向こう脛をじっと見据えていたのです。
 大男は、もう1人の男から鍵束を受け取ると、ガチャリと音をさせて鉄格子のドアを開けました。

「さあ、私たちと一緒に行こう。
君にちょっとばかり聞きたいことが・・・」

大男が「ある」と言い終わる前にタカシくんは、思いっきりの勇気と足の力で大男の向こう脛をつま先でしたたか蹴り上げました。

ガツンッ!

「ぎゃっ!痛タタタタ・・・・」

不意をつかれた大男は、向こう脛を抱えてその場に屈み込んでしまいました。(いいぞ!)と、ゲッベルスの声がした気がします。タカシくんはその脇をするりと抜けると

「出たら左、出たら左・・」

とつぶやきながら廊下を出て、一気に左側に駆け出しました。

「こ、このガキが! ま、待てぇ!」

向こう脛を蹴られた大男が立ち上がりながら叫びますが、タカシくんが待つはずはありません。大男は足を引きずりながらも、カンカンに怒ってタカシくんを追いかけます。
 その場にとどまったもう1人の男は、タカシくんが逃げたことを報告するつもりなのでしょう。廊下の船内電話の受話器を壁から取ってボタンを2つばかり押しましたが、突然、「バサッ」という音と共に真っ暗闇に包みこまれてしまいました。
ゲッベルスです。
ゲッベルスが男の背後に忍び寄って、頭から毛布をかけてしまったのです。

「ム、ムグ、ムググ・・、ゲ、ゲッペルス!
貴様、皇帝陛下の最後の温情を・・
だ、台無しにしやがって・・・」

男の意味深な問いかけに、ゲッベルスは、顔を背けてこういいました。

「わ、私は、もう、あなたたちのやり方が、
ほとほと、い、嫌になったんだ!」

そして、毛布の先を器用にきゅっと縛るとゲッベルスは、大きなテルテル坊主を鉄格子の中に放り込んで、挿したままの鍵をガチャリと閉めてしまいました。

「こいつは、いただいて行く」

そう言ってゲッペルスは、鍵束をカチャカチャ言わせながら、タカシくんとは反対の方向に駆け出しました。

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 08:15| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日