やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年11月09日

王様 対 皇帝 第10回 誘拐?


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第10回 誘拐? 


 午後5時。
学校の鐘が、下校時間を告げます。

カラ〜ン、コロ〜ン。

「校庭で遊んでいる皆さん。
教室でお話している皆さん。
下校の時間です。
みんなで仲良く帰りましょう」

 放送委員の女の子の流れるような下校の挨拶。
おひさまが西の海に沈むには、もうほんのちょっと時間がかかりそうです。
 しばらくして、王国の船が、その時間に合わせているのでしょう。いつものようにタカシくんを迎えにやってきました。

「ほんとうに1日1日、日が長くなっていくなぁ。
この間まで夕焼けの中、迎えに来てたってのに、
今日はまだまだお天道様は、あんなところにいらっしゃる」

 船を操る農林水産庁水産次官の玄さんは、夕陽を見ながら独り言を言いました。王国には珍しく、玄さんは芸術家ではありません。本当の根っからの漁師さんです。
 王国が自給自足をするに当たって、近隣の島に住む漁業の専門家「玄さん」に、いろはのいから教えを乞うたのですが、これがまた、王国の連中といったら、それこそ 理想は高いくせに、自分では何一つできなかったものですから、

「あーっ、見ちゃあいられねえ!」

見るに見かねた玄さんは、奥さんと一緒に王国に移住してしまったのです。
 玄さんは、当たり前のことを一つ教えるごとに「へー」だとか、「ほー」だとか言って大げさに驚く島の連中を、最初は不思議な人間だと思っていましたが、夜な夜な、島の連中と酒を酌み交わしたりすると、本職の漁師仲間が忘れてしまった心意気なんかが、よっぽどこいつらにはあるんじゃないかと、そんな風に思い始めてしまったらしいんです。それに、出来の悪い子ほどかわいいって言うじゃありませんか。
 玄さんは本島の岸壁に舫い綱をつけてしばらくの間停泊していたのですが、タカシくんの姿は、いつまでたっても現れません。いえいえ、こんなことは、タケルくんが転校して来てからしょっちゅうでしたので、最初のうちは玄さんも高をくくっていたのですが、当のタケルくんが岸壁に姿を現した時、いやな予感が・・と言うより、玄さんは、ザワザワッとした胸騒ぎを覚えました。慌てて玄さんは、タケルくんに声をかけました。

「タ、タケルくん。
タカ坊は、一緒じゃなかったのかい?」

「えっ?
タカシは、就業のすぐ後、
王国の緊急の迎えだって船で、帰って行ったよ。
執事長・・、お父さんが大怪我をしたって・・・」

「?????」

「ええっ?
タ、タカシのお父さん、怪我してないの?」

「タケルくん、その王国の迎えって野郎は、
どんな人相をしてたんだい?」

「黒い四角のサングラスに髭ぼうぼうで、
ロン毛・・、黒いパーマのかかった長髪。
背は180センチくらい。
僕のお父さんと同じくらいだったから・・・」

「180センチの、長髪に髭面だって?
タ、タケルくん・・・
そんなに背の高い長髪髭もじゃなんて、
王国には、1人も、いないよ・・・」

 タケルくんは驚いて、持っていたサッカーボールを落としてしまいました。ボールが転々と、夕焼けの岸壁を転がっていきました。

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 08:42| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日