やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年11月05日

王様 対 皇帝 第6回 皇帝の憂鬱


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第6回 皇帝の憂鬱 


 千年帝国の真っ黒な母艦は帆をたたみ、4隻の巡洋艦を両脇に従え、九十九里浜沖に停泊していました。威風堂々の母船最上階には皇帝の執務室と、その奥にはプライベートルームがしつらえてあります。
 皇帝は豪華客船波のプライベートルームのソファーに腰掛け、ブランデーを手にたくさんの書類に目を通していました。しかし、ふと何かに気付いたらしく、書類をパラパラとめくり直したり、ひっくり返したりすると、部屋の入り口に立つボディーカードに声をかけました。

「財務大臣を呼べ、すぐにだ」

 ボディーガードは、執務室の壁にある通信機でどこかに連絡をしています。

「3分20秒ほどで参りますとのことです」

 ボディーガードから事務的な報告があり、それを聞くと皇帝は、時計をちらりと見て、高級そうな葉巻を卓上のケースから取り出しました。皇帝が端っこを口で噛み切ると、ボディーガードがライターを手に走ってきます。

カチッ  スパスパスパスパ・・・

 皇帝がふーっと紫煙を吐き出したところで、ドアがノックされ、財務大臣が姿を現しました。旧ドイツ軍、ナチスの将校を思わせるようなデザインの黒い服。小脇に帽子を挟み、敬礼までしています。

「失礼いたします。お呼びでしょうか・・」

「ほう、感心、感心。
相変わらず時間にだけは、正確なようだな」

「お、恐れ入ります・・・」

時間に「だけ」という言葉に何か心当たりがあるのか、財務大臣は、痩せぎすの体を神経質そうにぶるっと震わせました。
 皇帝は、例の肉食獣を思わせる視線で、財務大臣をつま先から頭のてっぺんまで嘗め回すように見ると、ソファーに腰掛けたまま、低い、ドスの聞いた声でこう言いました。

「なぜだ?
なぜ銀行関係のFプロジェクトの資料が欠落している?
同じ財務省扱いのYプロジェクトは、こうして出ているのに・・・」

 皇帝は財務大臣の足元に「project Y」と書かれた冊子をポンと投げつけました。

「そ、それは・・・」

 財務大臣が口をアワアワさせ、口籠っていると、皇帝は、がばと席を立ち、今度は大声で怒鳴りつけました。

「財務大臣、貴様が正確なのは、呼ばれてくる時間だけか?
貴様は、我輩が指定した書類の提出期限など、守れぬと言うのか!
今やFプロジェクトは我が国の重要な資金源の一部というのは、
貴様も充分心得ているはずだ!
よもや、資料をなくしたなどと、言いは、しまいな?」

 財務大臣は、真っ青になっていました。額からは、玉のような汗が吹き出ています。

「ど、どこでなくしたのかは、
おおよそ け、け、見当が付いております。
げ、現在、捜索のて、て、て、手配をしようと・・・」

 皇帝の喉の奥で「ガルルル・・・」という声が聞こえたような気がしました。皇帝はボディーガードに目配せをすると、財務大臣の胸から大臣の勲章を力任せに剥ぎ取り、冷ややかに こう言い放ちました。

「このたわけを機関室の脇の牢につないでおけ!
小笠原辺りで、鮫の餌にしてくれる」

「ひぃぃぃぃ。や、や、やめてくれぇ!」

 二人の屈強なボディーガードに両手をつかまれて、財務大臣は足をバタバタさせています。

「こ、皇帝陛下、も、もう1度だけ、
もう1度だけ私にチャ、チャンスをください!
おね、お願いします、お願いします!」

 連れて行かれる財務大臣を横目に皇帝はブランデーをくっと煽りました。

「馬鹿めが・・・
千年帝国には、2度目の正直など、存在せぬわ」


「こ、皇帝陛下、ご慈悲を、ご慈悲をーっ!」

 財務大臣の姿が廊下に消え、その声がだんだんと小さくなってゆきました。
ガルル皇帝は目を閉じ、腕組みをしたまま、ボディーガードの帰りを待ちました。

「ふん、我輩にも貴様が紛失したCDロムの行方など、
大方の見当は付いておるわ」

 ふと漏らした独り言の後、皇帝は、皇帝には似つかわしくない癖、親指の爪を噛む癖を久しぶりにしていたことに気付き、慌てて口から親指を離しました。そして、噛み千切った爪をぺっと吐き捨てると、眉間にしわを寄せ、言いました。

「しかし、厄介な島に忘れ物をしてくれたものだ・・・」


《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 17:43| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日