やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年11月03日

王様 対 皇帝 第4回 決裂


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第4回 決裂 


 執事長と2人のボディーガードは、お互いを気にし合いながら、居心地悪そうに応接室のドアの前で待っていました。
国賓用応接室は、秘密の漏洩を防ぐ為、完全防音とは言わないまでも、中での会話はよほどの大声で無い限り外には聞こえません。

カッチコッチ カッチコッチ カッチコッチ・・・
 
応接室の前の大きな置時計の音だけが、重苦しく廊下に響いています。

 王様と皇帝が部屋に入ってから、そろそろ30分が経過しようとした時分でした。突然、部屋の中から、ガタンという大きな音と

「馬鹿をいうな! 冗談にも程がある!」

という、王様の声が響き渡りました。このぶ厚いドアを通して、この声です。王様が、どれだけの大きな声を立てたのかおわかりででしょう。冷静沈着がモットーの執事長でさえ、この時は心臓がドキリとしてしまいました。
 王様の大声と物音に火急の事態と判断した執事長は、一瞬だけためらった後、ドアを勢い良く開けました。

バタン

そこには、真っ赤な顔で仁王立ちして、皇帝のことを見下ろす王様がいました。
 一方、座ったままの皇帝の王様を見る眼差しの鋭さといったら、それはまるで「ガルルルル・・・」、獲物に襲い掛かる肉食獣のようでした。まさに名前に偽りなし、と言ったところです。
 王様は、執事長の方に向き直ると、皇帝を一瞥してから言いました。

「丁度良かった、執事長。
さあ、皇帝閣下が お帰りだ。
玄関までご案内しなさい」

 王様の興奮と怒りが伝わるような、王様らしくない荒々しい声色でした。
皇帝は、冷たい笑みを口元に浮かべて立ち上がると、ボディーガードに向かって言いました。

「残念ながら、交渉は決裂だ。引き揚げるとしよう」

 そして、2人を引き連れ、大股でドアまで進みましたが、ふと立ち止まり振り返ると、笑いながらこう言いました。

「ふははははは・・・ 
ココロニア国王、いや、熱田海蔵。
アンタには、とことんがっかりさせられたよ。
俺たちがやろうとしているのは、新興国家の運営だろ?
理想だけのおままごとや王様ごっこじゃないんだっ。
まあ、理想や夢だけじゃ、絶対に国民を食わしちゃいけないってことが、
近い将来、アンタにも判るだろうよ。
その時になって泣きごと言ったって、後の祭りだがな。
もう、2度と会うことも無いだろうが、
アンタらはその日まで、せいぜい王様ごっこでも楽しむんだな。
ふはははははははは・・・・・」

 高笑いをする皇帝の目は、笑い声とは裏腹に、少しも笑ってはいません。皇帝は、ボディーガード2人にドアに向かって顎をしゃくると、再び大股で歩き始めました。執事長が慌てて後を追いました。

 皇帝がココロニア宮殿を去り、執事長が玄関から応接室に戻るまでの間も、王様は恐い顔のままで、その場に立っていました。執事長が、「ガルル皇帝が、お帰りになりました」と告げても、王様の表情はさっきのままです。よほど腹に据えかねたことがあったのでしょう。
 執事長は、かの独立戦争の時、本島からのあらゆる嫌がらせにさえ、全く動じることの無かった王様を間近に見ていましたので、今回の怒りに打ち震える王様を見て、すっかり心配になってしまいました。

「王様、誠に差し出がましいこととは思いますが、
私にお話しいただける範囲でかまいませんので、
ガルル皇帝との会談で何があったのか、
私にお教えいただけませんでしょうか・・・」

 執事長のやさしい物言いに王様の表情が、だんだんと緩んでいきました。そして、執事長に向かっていつもの表情、いつもの口調でこう言ったのです。

「ありがとう、執事長、心配をかけてしまいましたね。
ふふふ・・・
私はずいぶんと嫌な顔をしていたでしょうな。
執事長、これは当面の間は、
貴方と私だけの秘密にして下さい、いいですね。
実は、あのナポレオン5世・・、いや、貴方の言うとおり
ガルル皇帝の方がぴたりときますね。
あのガルル皇帝の言うビジネスとは・・・」

執事長は、ゴクリと生唾を飲込んで言いました。

「ビジネスとは?」

「ガンサクです」

「ガ、ガンサク?」

「そう、ガンサクです。
フェイク、模造品、紛(まが)い物、偽物のことです。
あの肉食獣は、ココロニアの美術家集団を利用して、
著名な美術品の贋作の作製をしないかと・・・
わが国、わが国民に犯罪の片棒を担いで、
ボロ儲けをしないかと、そう言ったんです」

《つづく》



※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

posted by maruzoh at 07:46| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日