やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年10月31日

王様 対 皇帝 第1回 来訪者


〜憧話 こころ王国 episode 2〜
王様 対 皇帝 第1回 来訪者


 東京都心から遥か低い緯度にあるココロニア島には、本土よりかなり早く 梅雨も夏も訪れます。今回の物語は、そんな梅雨入りも間近の5月、伊豆諸島の小さな小さな村、人口200人ほどのココロニア王国村を舞台として始まってゆきます。

 ココロニア島の朝の海面(うなも)は、生まれたての太陽の光と爽やかな潮風が出会って、何百万、何千万の輝きで覆いつくされていました。この2〜3日は、ぐっと気温も上がって、まるで真夏のような陽気です。今日も、きっと暑くなることでしょう。そんな暑い日の朝に、その不思議な人物は来訪しました。
 黒い船団の第一発見者である執事長の一人息子、タカシくんの日記には、次のように書かれています。

「5月×日 日曜日 (晴れ)  
 今日は、とってもあつくって、とってもへんな お客さまが来ました。あさはやくボクは、ココロオドルかいがんのすなはまに、かにをとりに行きました。ボクは、かにのおみそしるが 大すきだからです。お父さんのお酒のつまみのさきいかをえさにかにつりをして、大きなかにを1匹とりました。お母さんの作ってくれるかにのおみそしるのことを考えるとおなかがぐうっとなりました。かにをかごに入れて、アッタカとうげをとおったとき、北のほうがくの海に、5この黒いてんが見えました。そして、それはみるみるうちに大きくなって、やがて、大きな黒いふねと4つのちいさなふねになりました。そしてそれは、ボクの目でもはっきりとふねの上の人が見えるくらいになって、大きなふねのいっとうさいしょにいる、たぶんいっとうえらい人のすがたも見えるくらいになりました。その人は、あたまの上にふねのようなかたちのぼうしをよこむきにかぶって5月だというのにひざまである黒と赤の長いふくをきて、右手をむねのあたりにつっこんで、わらっていました。ボクは、ちょっとこわくなってしまって、かにをほうり出して、お父さんにしらせに行きました。お父さんは、王さまにれんらくをして、ココロニアこうにむかって行きました。あとで聞いたはなしですが、そのへんな人は、じぶんのことを「こうてい」と言っていて、じぶんが王さまと同じくらいえらいと言ったそうです。その人は、ほんとうに王さまと同じくらいやさしいのかなあ・・・とボクは思いました。


 ココロニア港入江付近に停泊した5隻の黒い船団は、帆船を気取った大型船1隻と、その護衛艦4隻で、帆船の帆には、大きく「千年帝国」と書かれていました。何の前触れもなく 突如現れた謎の船団・・・「千年帝国」とは、いったい何なのでしょう。
 帆船風の大型船は、帆は付いているものの、推進力は明らかに高性能のエンジンで、その証拠に真っ白な航跡が入り江の外まで続いています。船の舳先には、タカシくんの日記にも書かれていた通り、黒に赤い縁の横長の帽子。そして、この暑さの中、やっぱり黒に赤い縁のロングコートを着込んだ、そう、かのナポレオンそっくりのいでたちの男が、颯爽と立っていたのです。
 ナポレオンもどきの男の人は声をはり上げ、言いました。

「我輩は、千年帝国皇帝なり!
こころ王国国王、熱田海蔵氏との謁見を所望する!」

《つづく》


※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ



posted by maruzoh at 07:39| Comment(0) | ◆王様 対 皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日