やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年09月17日

まりなさんと王様 第27回 ココロニア建国史 ココロニア村


〜童話 こころ王国 episode 1〜
まりなさんと王様 第27回 ココロニア建国史 ココロニア村 


「選挙が迫ってきましたが・・・
実は、次の選挙は、行われませんでした」

王様は、ここでやっと近くのベンチに腰掛けました。

「長老たちが、立候補者を3人しか立てなかったのです。
どういうことかわかりますね、まりなさん」

「ココロニアの人たちが、4人無投票で・・・」

「その通りです。
長老たちは、私たちに勝ちを譲ってくれたのです。
まあ、そこには、あのタカシくんの独唱の日以降、
私たちに吹き始めた追い風の中の選挙では勝ち目がないと踏んで、
本島の住民の前で赤恥をかくよりも、
私たちの思いを受け止めてあげられる
話のわかる長老を演じた方が得策だとの計算や、
独立を公然と口にしていた私たちと争うより、
とっとと出て行って欲しいとい思惑があったのかもしれません。
 
私は先ほど 人間は変われると言いましたが、
肩に重いものをたくさん乗せてしまった人は、
荷物を下ろすのにも時間がかかるのかもしれませんね。

もともと私たちは、私たちの居場所が欲しかっただけですし、
本島や本土の人たちの考えを変えようだなんて、
そんな思い上がったことは考えていません。
私たちは未だに、来るものは拒まず、
そして、去るものは追わずのスタンスを崩していません。
分かって欲しいとは思いますが、
私たちの考えを押し付けるのは、違うと思うんです。
でも、理不尽な圧力や要求には、断固として闘います。
但し、私たちのやりかたでね。

つまり、ふふふふ、不肖の息子の申し出がお気に召さないのでしたら、
いくらでも断っていただいても結構ですから・・・」

「と、父さん、それはまた別の話でしょう・・・」

脇で聞いていたMARUZOHくんが、笑って遮りました。

「まあ、冗談はさておき、
私たちはようやく、独立をする権利を勝ち取ったわけですが、
その先には、都議会の承認という壁が待っているはずでした」
 
「はずでした、というと・・・
まさか、すんなりいってしまったのですか?」

まりなさんの問いに 王様は黙って頷きました。
でも、まりなさんの疑問ももっともです。
法務大臣の話では、議会の議決を経なければならないとされており、
議決とは、議席の過半数を獲得することのはずです。

「人間とは、なんと肩書きや名声に弱いものか・・・
私は、自分達に有利に進む状況の中でも、そんなことを考えていました。
都知事や都議会、文化人と言われている人たちは、
私たちの独立の申請を
「文部大臣をはじめとするその筋ではある程度名の知れた芸術家集団が、
自治によりより才能を発揮できる場を求めている」と捉えたようです。
彼らとしては 都や議会は芸術の振興に力を入れている、
或いは、芸術に対して理解があるという
都民や国、様々な団体へのパフォーマンスがあったのでしょう。
私たちの独立が、こちらの意図とは違った尺度で論じられ、
圧倒的な支持を受け議決されたことは、私たちにとって、ちょっと皮肉でしたな。

『ココロニア』という名前にしても、
自治体の合併によって変わった名前の市町村が出始めた頃でしたから、
特に問題視されることはありませんでした。
周囲の思惑との温度差はさておき、
私たちのココロニア村は、一昨年の1月1日を以って、
正式な地方自治体として、その一歩を踏み出したのです。
長いようで短い、また、短いようで長い道のりでした・・・

まりなさん、信じれば、とことん信じて、
実現のために何をすべきか考え、
実現のためにでき得る限りの努力する。
そして 挫けそうになっても諦めない。
絶対に、絶対に、諦めない。
諦めさえしなければ、夢は、いずれ叶うものなんですね」
 
《つづく》




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 こころ王国 まりなさんと王様

posted by maruzoh at 06:52| Comment(0) | ◆まりなさんと王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日