やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年08月25日

まりなさんと王様 第4回 ココロニア金貨


〜憧話 こころ王国 episode 1〜
まりなさんと王様 第4回 ココロニア金貨 


まりなさんの声は、透き通っています。
ひょっとすると、あまりジャズには、向いてないのかもしれません。
でも、『ちいさい秋みつけた』が、ちょっぴりスローテンポで、
ちょっぴりジャジーになったこの演奏には、
これ以上ない、うってつけの声の持ち主でした。
さっきまで馬鹿にしていたマスターでさえ、

「ほぉ〜っ、やるもんですねぇ、王様も・・・」

と、選曲の妙を素直に認めています。
まりなさんの声と詞の物悲しさと愛らしさと、懐かしさが、
聞いているものの心を満たしていくのです。

「ちいさい秋 みぃつけた〜っ」

ピアノがポロリンと鳴って、演奏が終わりました。

「ブラボーッ!素晴らしい、実に素晴らしいっ!」

王様は、興奮を隠さず、両の手が痛くなるほど拍手をしました。
もちろん、隣で聞いていたマスターもです。

「いやあ、まさに意外だ・・・
正直、今まで聞いた曲の中で、1番ぐっと来たなぁ」

「ありがとう、本当に素晴らしかった。
私も、遠路はるばるココロニアから参った甲斐があったというものです。
うん、これで、私の想いは、核心に変わりました。
いずれまた、従者をよこさせましょう」

王様は、何か含みを持った物言いをし、
節目がちにオレンジジュースにちょっと口をつけると、
椅子を立ったまりなさんに近づいていきました。

「まりなさん、これは私のほんの気持ちです。
オレンジジュースの代金の余りは、あなたへの謝礼です。
遠慮なく、受け取っておきなさい」

王様がそう囁いて、まりなさんの手に何かをそっと握らせました。
王様はマスターの方に向き直り、

「では、マスターごきげんよう。
いずれ、近いうち又会うことになるでしょう」

と言うと、颯爽と出口に向かいました。
そして、最後にドアノブを手に振り返ると、

「まりなさん、あなたのその天から授かった声、
そして、その透き通った心を、大切にするんですよ」

そう言って、また、夜の霧雨の中に消えていってしまいました。
あまりの堂々たる退場に、マスターはポカーンとしていましたが、
ふと我に帰ると、

「し、しまったぁ!無銭飲食だ!」

と叫ぶや、表に向かって走り出しました。

「マスター!待って!」

まりなさんが、マスターを呼び止めました。

「マスター・・・、お、王様が、これを・・・」

まりなさんが、マスターに掌を広げて見せます。

「なんだこりゃ?」

そこには、KOKORONIAという英文字と、
心という漢字をかたどった紋章を、
月桂樹の葉が囲むデザインの金色の硬貨がありました。

「な、なんだと?金貨のつもりかよ・・・
こんなもんまで作って王様ごっこか?
でも、こんなもんまで作るほど頭がおかしいんじゃ、
後は追わない方が、いいのかもなぁ・・・」

マスターは、そう言って、出口の方を一瞥しましたが、
まりなさんは、首を振って、

「で、でも、これ、とっても重いんです・・・」

マスターに金貨を手渡しました。
ずしりとした重みをマスターも感じたのでしょう。

「ほ、本当だ! 
これって、もしかして、本物の・・・金?」

《つづく》




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 こころ王国 まりなさんと王様

posted by maruzoh at 08:19| Comment(0) | ◆まりなさんと王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日