やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年08月24日

まりなさんと王様 第3回 ちいさい秋


〜憧話 こころ王国 episode 1〜
まりなさんと王様 第3回 ちいさい秋 


差し出された名詞を前にまりなさんとマスターは、
思わず目と目を見合わせてしまいました。

「お、王様、ですか?」

「さよう。ココロニア王国の国王ですから、
まごうことなき、王様です」

「で、でもその王様が今日は、どうしてこんな所に?」

そう言ったまりなさんの袖を、後ろからマスターが引っ張ります。
そして、その耳元で、

「ダメダメ、まりなちゃん。
こんな手合いは相手にしちゃあ、危ないんだよ。
適当なことを言って、早く追い返さなきゃ。
やさしくしてやって、又やってこられでもしたら、商売にも関わるし」

と、小声で囁きました。
王様は、そんな2人の様子を意にも介さず、
にこやかにまりなさんだけを見つめて言いました。

「1曲、リクエストしてもいいですかな?
もちろん、それに見合うだけの謝礼はお支払いたしましょう」

「い、いやあ、すみませんね、王様。
ウチの氷川は、昨日から喉の調子が、どうも、思わしくなくって・・・」

マスターは、額の汗をぬぐいながら、
まりなさんと王様の間に割って入ろうとしましたが、
まりなさんは、それを柔らかに遮ると、

「どんな曲が、よろしいですか?
どんな曲でも結構ですよ。
ジャズに限らず、私の知っている歌でしたら・・・」

と、にこっと笑うのでした。

「そうですか、いやいや、それはありがたい。
では、サトウハチロー、ご存知ですかな?
あなたのお国の、偉大な詩人です」

「ネ、ネツダさん。
サトウハチローって、まさか、ジャズバーで、
ウチの氷川に唱歌を歌わせようってんですかい?」

マスターがまた、割り込んできて嫌味を言いかけましたが、
それよりも、早いとこ1曲聴いてもらって
早々に帰ってもらった方が得策と思い直したのか、

「そしたら、ははは、まりなちゃん、
あのち〜さい秋、ち〜さい秋ってやつでも、弾いてあげたら?
あれって、ハチローさんでしょ?」

「いやいや、マスター、さすがですな。
私もその『ちいさい秋みつけた』をお願いしようと思っていたのです。
ただし、私の苗字はネツダではなく、アツタと読むのですが・・・」

まりなさんが、ピアノの前の椅子に腰掛けました。
ひとときの静寂の中、
雨に濡れた道路を、自動車が走り抜けていきます。
その音が遠ざかり、夜の闇に溶けきったのを切欠に、
まりなさんの右手が、そっと動き始めました。


だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
目隠し 鬼さん 手の鳴る方へ
澄ました お耳に かすかに沁みた
呼んでる口笛 百舌(もず)の声
小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた

だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
お部屋は 北向き 曇りのガラス
うつろな目の色 溶かしたミルク
わずかな 隙から 秋の風
小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた

だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
昔の 昔の 風見の鳥の
ぼやけた 鶏冠(とさか)に はぜの葉一つ
はぜの葉 赤くて 入日(いりひ)色
小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた

(作詞 サトウハチロー 作曲 中田 喜直)

《つづく》




☆アルファポリスに挑戦☆
アルファポリスさんのランキング「Webコンテンツ」に挑戦します。「うふふ」とか「ほろっ」とか「なるほど」と感じたら、押してくださいね。

 現代小説 こころ王国 まりなさんと王様

posted by maruzoh at 07:13| Comment(0) | ◆まりなさんと王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日