やさしいあなたに、そうでないあなたにも。
                        いろんなあなたに、こころの言葉。













   【maruzoh's profile】
   maruzoh live.jpg

名 前/maruzoh こと 熱田丸蔵
出没地/和光、富士宮、麹町
誕生日/9月7日 乙女座
好きなもの/こども、詩、絵、童話、小説、音楽、お酒、美味しいもの、犬、野球、寺、神社、花、ギター、家族
とても影響を受けた人/灰谷健次郎さん、鹿島和夫さん、ドン・カ・ジョンさん、かしわ哲さん、PANTAさん、ジョン・ライドンさん、小澤征爾さん、帚木蓬生さん
maruzohより一言/運も、人も、夢だって、欲しがり過ぎると逃げてっちゃう。幸せは、み〜んな天下のマワリモノ。みんなで仲良く分け合おう♪

2011年05月11日

ユメミダケ心中17 女の転の弐


ユメミダケ心中 第17回 女の転の弐 

恋する目には痘痕(あばた)も笑窪(えくぼ)とはよく言ったもので、
征一には、先程までなんとも思わなかった恭子の泣き顔が、
決死のプロポーズを遂げた今、とてもいじらしく見え始めていた。
涙と洟にまみれた顔を手拭いで懸命に拭きがら泣くこの恭子が、である。
いやしかし、実際よく見てみると、恭子の側にも
本人にも気づかぬ微かな変化が起きているようにも感じられた。
強烈な言葉とは裏腹に、ちょっとした怯えが表情に表れている。
それは、恭子の迷いだった。
降って湧いたこの茶番のような出来事を、
現実として受け止めて良いのか判断しかねているのである。
その根底には、目の前の征一の真意が未だに図れないという、
極めて直接的な問題があったのであるが、
それに加え、こんな中年オタクにイニシアチブを握られ、
振り回されているとは思われたくないという、
鬱屈した二次的な思いも心の底にはあった。

しかし、恭子がそう思うのも無理からぬことで、
征一は心中を回避する為のその場しのぎの言い逃れではなくして、
本当に恭子と結婚したいという思い、
それが揺るぎのない真実真正な思いであるということを
証明するような物的証拠や征一の思いを形にした物など
何処を捜したところで在りようはずがないのである。
第一、初めて会ってから半日後のプロポーズと言うのは、
あまりにも時間的な余裕が無さ過ぎる。
もし征一が半年でも3ヵ月でも、いや1ヶ月だっていい、
じっくりと時間をかけて熟慮の上の求婚をしたならば、
恭子も段階的に考え方を改め、人間的な側面のみならず、
経済的、将来的な面を含め考え直したのかもしれない。
が、しかしである。
半日は、あまりにも短すぎるし、
何より2人は、ここに死ぬ為に来たのである。
恭子がこれを臆病風に吹かれた征一の
命乞いの為の口先三寸の「嘘」と思っても何ら不思議は無い。

(その手には、乗るもんか)

恭子はこれまでの苦い思い出を振り返ってみた。
踊らされていい気になって、それが絶頂に達しようとした時、
いつだって、いきなり奈落の底に突き落とされるのである。
そう、ぬか喜びからのどんでん返し、落胆を、
それこそ数限りなく経験して来たのではないか。
その結果、止む無く編み出した恭子独自の処世術が、
従前、恭子や征一が言っていた「傷つかない保険」、
嫌われるように仕向ける社会とのつきあい方、
つまり、不戦敗な人生である。

しかし、それを頑なに守り続けてきた恭子の思いが、
この期に及んで、それが微かであるが揺らいでいる。

(でも、本気だったらどうしよう・・・)

もう1度、そう思った恭子は、
ふと征一が先程言った言葉を思い出し、
ある考えを思いついたのだった。
征一を精神的に追い詰めて、その真意を炙り出す。
つまり、化けの皮を剥がしてやろうと思ったのである。
恭子は、先程以上に冷徹そうな表情を造って見せた。
こんあなのは、恭子にとってお手の物である。

「あんた、さっき、言ったわね」

「・・・・・・・・・」

何を質されているのか、征一は無言で待った。

「誓うって、責任取るって。
アタシが毒キノコ食べるんなら、
僕も一緒に食べますって、間違いなく言ったわよね」

「・・・・・・・・・」

「何黙ってんのよ。
忘れたわけじゃないでしょ?
それとも、それも嘘だったって訳?」

「ち、違います、嘘じゃありません。
忘れてません、一緒に食べます、ち、誓います」

「ふうん、分かったわ。
で、あんた、こうも言ったわね。
今までは辛いことばっかりだったけれど、
やっと共鳴できるかもしれないアタシに出会えたって。
だから、死ぬのが急に怖くなったって」

「はい、ほ、本当なんです。
自分でも不思議なんですが、信じてください」

「じゃあ、アタシが、
そんなのは、あんたの一人よがりな勝手な勘違いだから、
あんたなんか関係なしに、
アタシは何が何でも、
例え1人ででも、
ここで毒キノコを使わずに死ぬって言ったら、
あんた、どうするつもりなの?」

《つづく》


 ※本サイトの作品は、アルファポリス「webコンテンツ」、にほんブログ村「現代小説」ランキング、人気ブログランキング「現代小説」に参加しています。宜しければ、クリックお願い致します。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


posted by maruzoh at 08:51| Comment(0) | ◆ユメミダケ心中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 

title.gif
maruzohは、アートビリティ作家さんを、応援します!

●ご連絡先● 〒165−0023 東京都中野区江原町2−6−7
社会福祉法人東京コロニー アートビリティ事務局内
TEL 03−5988−7155/FAX 03−3953−9461
●営業時間● 平日 9:00〜17:20 / 土・日・祝日 休業日